​肩こり・首こり

目次

 

1.肩こり(首こり)の症状

2.肩こり(首こり)の原因

3.肩こり(首こり)の予防と対策

4.肩こり(首こり)の施術

​症状

肩こり(首こり)の症状は、肩から首にかけての痛み、だるさなどです。

 

肩こり(首こり)がひどくなると、

 

首が動かなくなる

頭痛

目の奥の痛み

めまい

難聴

歯痛、歯茎の腫れ

腕のしびれ

手の冷え

嘔吐

呼吸のしにくさ

物を飲み込む時の痛み

 

など様々な症状が出る事があります。

原因

首や肩には、多くの筋肉があります。

 

コリというのは筋肉が疲労し、血流が悪くなり、酸素不足、栄養不足になった状態です。

肩こりに関係する筋肉は、重力に対して姿勢を保つために頭や腕を支える事で疲労を起こします。

疲労を放置していると筋肉が硬くなり、動きが制限され、さらに硬くなるといった「悪循環」に入ってしまうので注意が必要です。

 

また精神的なストレスも筋肉を緊張させる要因です。

過度のストレスは自律神経に影響して、筋肉を緊張させてしまいます。

 

・デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとる

・重たい荷物を肩にかけて持ち続ける

・過度のストレス環境にある

・歯の食いしばりや歯ぎしりがある

・冷房の風を直接浴びる

 

などは、肩、首の筋肉が緊張する原因になる事があります。

 

また、肩こり(首こり)と似た症状を出す骨・関節の病気として

 

・頸椎症

・頸椎椎間板ヘルニア

 

などがあります。

加齢や身体の使い方によって、首の骨、関節部、椎間板に負担がかかり、痛みやしびれの原因になります。

​予防と対策

同じ姿勢を続けない事が大切です。

肩こりに関係する筋肉は、目線が下を向いている時に強く活動します。

現代の生活様式では、どうしても下を向く時間が長くなりやすいので、途中で休憩をする、パソコンの画面を目線の高さに合わせるなどの対策をとる必要があります。

 

お仕事で休憩などの対策をとるのが難しい場合は運動が必要です。

肩や首の筋肉をしっかりと伸縮させる事で、疲労物質などを排出し、新鮮な血液を呼び込みます。

 

 

・肩関節の運動

肩関節を動く範囲いっぱいまでしっかり動かす事で筋肉を伸縮させ、ポンプの作用で疲労物質と血液を送り出します。

 

・全身運動

頚椎や頭部から肋骨や背骨に付着する筋肉は自力での運動が難しく、なかなか伸縮させる事は出来ません。

やり過ぎると頚椎を傷めたり、めまいや頭痛を引き起こす事がありますので、全身運動がおすすめです。

30分のウォーキングやジョギングなどを行うと効果的です。

​施術

よしかわ整骨院では、肩こり・首こりに対しては、頭、首、肩、背骨周り、腕、胸部などをみていきます。

 

症状の原因となっている筋肉に圧迫・摩擦・伸長刺激をくわえて筋肉の血流を改善し痛みやしびれなどの症状の改善を目指します。

肩こり、首こりを放置していると、頭痛、歯痛、目の奥の痛み、めまい、姿勢の乱れなど様々な症状が出てくる事があります。

​肩こり、首こりを感じて、なかなか良くならない時は、お早めにご相談ください。