四十肩・腱板断裂

60代 女性

30年前から肩関節の痛み


ご紹介で来られた60代の女性。

30年前に肩関節が激痛になり、腱板断裂の手術をして、その後も痛みは引かず、現在に至るという事でした。


初診時、

この激痛で30年は相当辛いな。

と思うくらいでした。


毎日、朝は痛みで腕がビクとも動かず、日中も何もしてなくてもズキズキ強い痛みが起こり、1日に何回も痛み止めを飲む状態でした。

病院で痛み止めの注射もうっていたが、1週間くらい効いて、それ以降は痛みが戻るのを繰り返していたそうです。


初回、施術を行うと、痛みが大きく減少し、腕が9割方は動くようになりました。

30年の割には思ったより拘縮が進んでなくて安心。


2回目、来られたときは、痛み止めを飲むのが一回で良くなり、朝は腕が動かない症状がなくなり、かなり快適になったと喜んで頂けました。


患者さんの痛みが改善した時のパーッと喜んだ時の表情は、この仕事の醍醐味で、あれが見たいからまた頑張ろうと思えるくらい、こちらも嬉しくなります。


治療はまだ続きますが、役に立てて本当に良かったです。



7回の閲覧