両足の広範囲な痛み


こちらの患者さんは痛みの恐怖心から毎日痛み止めを長期間服用されてました。

飲みすぎて病院の先生に怒られた事もあったそうですが、痛み止めを減らす事は出来なかったそうです。


今では痛み止めを服用せずに遠方に出かけて楽しまれているようで、こちらとしてもとても嬉しく思いました。




患者さまの声


70歳

女性

施術頻度 45分の施術を週に2回

施術期間 約4ヶ月


7年前に左右の人工股関節の手術を受け、快適な日常を過ごしていました。


ところが、2年前の冬に左側太ももに刺すような痛みを感じました。

整形外科では痛み止めの薬で様子を見るよう言われましたが、治らないまま夏には右側の太ももに同じような痛みを感じ、その後は足全体が痛み出しました。


途方に暮れていた時に友人の紹介で昨年の9月に吉川先生に出会う事が出来ました。


筋肉が硬くなっているため血流が悪く、その下の筋膜が骨をひっぱるため痛みが生じることを知りました。

(当院でこのような説明はしていないため、ここは他で得られた知識か勘違いかもしれません)


最初は週に2回アプローチを受けましたが、ひどい症状でしたので、すぐには痛みが取れませんでしたが、根気強く治療してくださったお陰で次の年の1月には痛み止めを服用せず、遠方まで出かける迄になりました。


その後は少しずつ治療の間隔を開け、様子を見ながらメンテナンスをしていただいています。


普段は30分の大股ウォーキングや部屋の中での股関節を動かす運動など教えていただいた事を行っています。


今では悪魔のような痛みから解放され、歩ける喜びに感謝の日々です。






8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

原因不明の歯痛

ご紹介で来られた50代女性。 1年前から歯痛に悩まされて歯医者さんで色々検査や治療をしたが改善されなかった。 夜の食いしばりがひどくてマウスピースをしていても毎朝起きると歯が痛く、肩こり、首の痛み、頭痛などもありました。 週に1回15分の筋肉の治療を行う事で現在は歯痛や食いしばり、頭痛、肩こり症状が改善しているようで、もっと早くに来たら良かったと喜んでいただけました。 歯が痛かったら、まずは歯医者

まぶたの重さ

日中はまぶたが重たくて、眠たくてという症状です。 話を聞くとかなりつらい様子。 眼科でも診てもらったが目に傷はないということで目薬をもらうも症状は改善されず。 当院での治療は前頭筋の治療を行いました。 前頭筋から棒状腱膜に移行する場所で、筋線維と長軸方向に4から5本ほど索状硬結が見つかり、その中にトリガーポイントも見つかりました。 そこをしっかりとアプローチすると症状が改善。 ボクは美容はあまり興

変形性膝関節症

78歳 女性 3年前から左膝痛で整形外科でヒアルロン酸注射をしてもらっていた。 昨年12月に知人の紹介で当院を受診。 左膝の変形はひどく痛みも強い。 歩行を見ると痛む方の足を軸にして歩いている。 体重がしっかり両側に乗るようにする事と左膝痛の原因になっている筋肉に対して週に1回治療を行う。 1月初めには膝の痛みは消失し、歩行もしっかりと両足を使えるようになりました。 後々、あの時は腎臓の数値が悪い