膝の痛み・硬さ

目次

 

1.膝の痛み・硬さの症状

2.膝の痛み・硬さの原因

3.膝の痛み・硬さの予防と対策

4.よしかわ整骨院での治療

5.改善後はどうなるの?

症状

膝関節の痛み、膝関節周囲の痛み、可動域制限(動きの悪さ)です。

股膝関節の前面、後面、側面、膝蓋骨(お皿)の下に痛みが出る事があります。

膝関節が硬く動かなくなると、正座ができなかったり、しゃがみ込み動作ができなくなります。

原因

骨・関節の問題としては、

 

・変形性膝関節症

・関節水腫

・靭帯損傷

・半月板損傷

 

などがあり、筋肉やその他軟部組織の問題としては、

 

・膝関節周囲の筋群の痛み

・腸脛靭帯炎

・鵞足炎

・膝蓋靭帯炎

 

などがあります。

 

膝関節に痛みが生じる

痛みがあるから動かさない

動かさないから筋肉や関節包などが拘縮

関節が硬くなる

関節が硬くなるからさらに痛みが出る

 

といった悪循環が生じて関節可動域の低下につながる事があります。

 

膝痛の原因は日常生活の習慣や姿勢、身体の使い方が大きく関与しています。

膝痛の原因として、

・立ちっぱなしが長い

・座りっぱなしが長い

・重たい荷物を持つ事が多い

・スポーツや事故などでの急激な負担

・姿勢のゆがみ

などが挙げられます。

​立ちっぱなしや座りっぱなしが長かったりすると、血液の流れが悪くなり膝関節周りの筋肉は硬くなります。

筋肉が硬くなると、筋肉の付着部で炎症が起きたり、膝を曲げた時に痛みが出る事があります。

スポーツや事故などで膝関節を捻ってしまったり、過度の力が関節に加わると膝関節の靭帯や半月板(軟骨)が損傷する事があります。

 

重心がいつも偏っていると2本の足で支えるべき体重を1本の足で支えないといけなくなり、疲労から筋肉が硬くなったり、膝の軟骨がすり減ってくる場合があります。

膝関節の軟骨が減ってきて関節に痛みを出す「変形性膝関節症」は、身体の使い方や加齢も原因になります。

​予防と対策

膝痛にならないようにするためには、「適度な運動」を行わなければいけません。

​膝周囲の筋肉は日常生活において、使う事が多く運動の少ない人は疲労が筋肉に蓄積してしまう事が多いです。

そのため適度な運動を行う事で疲労を改善し筋肉を良い状態に保つ必要があります。

膝関節の関節液(潤滑油のようなもの)は、関節を動かす事で周りの組織からにじみ出ます。

​ですので、関節が油切れのような状態にならないように適度な運動を行わなければいけません。

・ウォーキングなどの有酸素運動

(膝関節が痛く歩けない場合はプールでウォーキングを行うと良いです)

・膝の曲げ伸ばし運動

・股関節の運動

・足首の運動

膝痛が出る時は、股関節や足首にも異常がある事が多いです。

​膝痛にならないために、股関節や足首の関節も日頃から動かして柔軟性を保つ必要があります。

治療

大阪狭山市よしかわ整骨院では、筋肉・筋膜に対してアプローチする施術を取り入れています。

 

日常生活で疲労が溜まり血液の流れが悪くなっている所には、疲労を流し栄養たっぷりの新鮮な血液が入ってくるように筋肉に対してしっかりと施術していきます。

筋肉・筋膜に施術をおこなうと膝周囲の、血液の循環が良くなり痛みの改善、関節可動域の改善、関節に水が溜まらなくなるなどの症状改善が期待できます。

改善後はどうなるの?

膝痛が解消されると、人生の出来る事が増えます。

・旅行やスポーツなどを不安なく出来るようになる

​・子供や孫と遠くまで遊びに行けたり全力で遊べるようになる

・出来なかったしゃがみ込みが出来るようになり日常生活の不自由がなくなる

・正座が出来るようになる

などは、実際に当院の患者さまが経験された事です。

膝関節の手術を考えなければいけないと言われた方が、膝の調子が良くなり手術を回避したという事もありました。

膝の痛みは日常生活に大きな支障をきたします。

​あきらめずに、まずは一度ご相談ください。