​股関節の痛み・動き

目次

 

1.股関節痛とは何か?

2.股関節痛の原因は?

3.股関節痛にならないためには?

4.よしかわ整骨院で出来ることは?

5.改善後はどうなるの?

股関節痛とは何か?

股関節痛は股関節周囲の痛みをいいます。

股関節の痛みが重度になると可動域制限(関節の動きにくさ)も加わり、

・靴下がはけない

・足の爪が切れない

・しゃがめない

・イスにまっすぐ座れない

・歩けない

・階段の昇り降りができない

・足が組めない

・あぐらをかけない

など、日常生活に多くの支障をきたします。

股関節周囲の筋肉による痛み・可動域制限に加えて変形性股関節症のように関節構造に問題がある場合もあります。

​股関節痛の原因は?

股関節は、日常生活においてかなり負担のかかる関節です。

股関節は動きを制限される事が多く、姿勢や骨盤の「ゆがみ」にも大きく関与します。

座りっぱなしが長いと股関節周りの血液の流れは悪くなりますし、立ちっぱなしでも関節や周囲の筋肉に負担がかかり、変形性股関節症や股関節周囲の筋肉・筋膜が原因となる痛みの原因になります。

また先天性股関節脱臼があった方で可動域制限が残っている方もいらっしゃいます。

股関節は痛みが出てから放置して、関節が重度に動かなくなってしまっている方が多くいらっしゃいます。

 

当院でも関節が重度に動かなくなってしまっている方も多く来られていますが、適切に治療を行う事で関節可動域の改善、痛みの改善は多くの方に見られます。

股関節がおかしいなと感じた時は、早めに来院していただく事が治療期間を短縮するために重要です。

股関節痛にならないためには?

股関節痛にならないためには、長時間の座りっぱなしや立ちっぱなしに気をつける必要があります。

どうしてもお仕事などで座りっぱなし、立ちっぱなしが続く場合は血液の流れを良くするようなエクササイズなどを日常生活の中に習慣付ける必要があります。

エクササイズは

・ウォーキングなどの有酸素運動

・股関節の前後の運動

・股関節の横への運動

・股関節のひねりの運動

などをバランス良く行う必要があります。

よしかわ整骨院で出来る事は?

大阪狭山市よしかわ整骨院では、筋肉・筋膜に対してアプローチする施術を取り入れています。

 

日常生活で疲労が溜まり血液の流れが悪くなっている所には、疲労を流し栄養たっぷりの新鮮な血液が入ってくるように筋肉に対してしっかりと施術していきます。

 

股関節周囲の筋肉は非常に強靭で容積も大きい筋肉が多いですので、施術には高度の技術と知識が必要になります。

そしてこれが、股関節痛が「どこに行っても良くならなかった」という方が多い理由です。

股関節がほとんど動かなくなり、変形性股関節症の状態がかなり進行していた方でも、可動域制限・痛みの改善したケースもあります。

股関節痛があって筋肉・筋膜の治療をご希望される方には、少しでも早めにご相談していただけたらと思います

改善後はどうなるの?

股関節痛が改善したあとは、

・かたまっていた関節が動くようになる

・痛みも軽減し日常生活が快適になる

・痛みと可動域制限で姿勢がゆがんでしまっていたけど真っ直ぐ立てるようになった

・痛みで夜に起きる事がなくなって朝までぐっすり眠れるようになる

などの声を実際に頂いています。

股関節は動かなくなったり、痛みが強くてもあきらめる必要はありません。

​筋肉と筋膜への施術で改善の可能性はありますので、お気軽にご相談ください。