頭痛

目次

 

1.頭痛の症状

2.頭痛の原因

3.頭痛の予防と対策

4.頭痛の施術

​症状

頭部の痛みです。

前頭部、側頭部、後頭部に痛みを感じます。

原因

​頭痛には、

・緊張型頭痛

・片頭痛

・群発頭痛

 

などがあり、脳腫瘍、脳出血のような生命に関わる病気の症状として出る事もあります。

また、副鼻腔炎、歯の痛みなどから頭痛が出る事もあります。

緊張型頭痛は頸部の筋肉の緊張が原因と言われています。

頸部の筋肉は頭部の帽状腱膜という膜に付着しています。

頸部の筋肉が緊張する事により、帽状腱膜が引っ張られ頭部全体に締めつけられるような痛みが出ます。

緊張型頭痛は最も多く発生してるといわれています。

 

偏頭痛は血管の拡張が神経を刺激するといわれています。

 

群発頭痛はアルコールなどを飲む事が起因となり起こる頭痛です。

こちらの原因は解明されてませんが、やはり血管の拡張や炎症が原因ではないかといわれています。

 

また後頭神経痛という後頭部の痛みは、首の筋肉によって後頭部にいく神経が圧迫・絞扼されておこります。

​予防と対策

筋肉・筋膜の観点からみた予防は、首、肩の筋肉を血流の良い状態に保つという事です。

 

疲労する原因である、長時間の同姿勢を減らす事と肩、首の筋肉をしっかりと動かす事で疲労物質、炎症物質を排出し、栄養ある新鮮な血液がいき届く状態にしておかなければなりません。

 

これは緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛ともにいえる事です。

 

脳腫瘍、脳出血、副鼻腔炎、口腔の病変などがないか専門の医院で診てもらう事も重要です。

まず、それらの異常がないか確かめてから筋肉・筋膜の治療を行うのが安全です。

施術

よしかわ整骨院の治療では、頭、首、肩、腕、背骨周りの膜や筋肉をみていきます。

 

膜や筋肉の状態を改善する事で血流を改善し頭部の痛みの改善を目指します。

 

数十年頭痛が続いて悩んでた方や痛み止めを毎日飲んでた方が実際に改善して喜びの声を頂いています

脳腫瘍、脳出血、副鼻腔炎、口腔の病変などの病気がなく、頭痛にお困りの方は治療を試す価値は十分にあると思います。

お気軽にご相談ください。